電話でのお問い合わせ03-4362-9619

お問い合わせ

知識小屋1

工事中お待ち下さい

居抜きぶっけんとスケルトン

残置物(ざんちぶつ)とは?

不動産物件に居住していた人が、退去の際に残していった私物のこと。本来は、持ち主が処分するか引越し先へ持ち運ぶべきだが、大家さんに無断で置いていってしまうケースもある。また大家さんに許可を取ってから置いていくケースもある。置いて行かれたものを「残置物」と呼びます。

 

・・たとえばエアコンが残置物だった場合

前の入居者の「残置物」のエアコンが故障した場合、エアコンは「設備」ではないことから、大家が費用を負担して修理する必要はないのです。

=残置物が壊れたときの撤去費用・買い替え費用は、新しい入居者が負担することも多い。契約書や重要事項説明書に残置物の修理についての記載がある場合は、借主側に修理義務が発生するのだ。(ただし契約書に「付帯設備」として書かれているだけで、残置物の説明がなかった場合は、大家側に修理の負担義務が発生する。)

→残置物が故障(あるいは要らなくても)勝手に廃棄してはいけない!

あくまで残置物の所有権は、入居者から大家さんに移動しているため、必ず大家さんに確認してから対応しましょう。

契約前に残置物の有無を確認しよう!

お部屋にある物がすべて「設備」になっているかをチェック!

→もし残置物がある場合、それが故障した際は誰の負担で「処分・修理・買い換え」を行うのかをあらかじめ大家さんに確認しよう。

契約前に責任の所在を明確にすることで、事前に「残置物の撤去」などの交渉ができる。

 

残置物の年式や劣化状況を確認しましょう!

残置物の年式や、問題なく使用ができるかを確認しておこう!家電の場合、最初に用意するコストは抑えられたとしても、設備が古い家電は、使っているとかえって光熱費が高くなる可能性がある。残置物の状態(耐用年数)を含めて確認し、お部屋を選ぶか検討しよう。

一覧に戻る